MENU

妊娠中にハルシオンを服用する影響

ハルシオン 妊娠中 授乳中

ハルシオンはベンゾジアゼピン系に属する催眠鎮静剤で、即効性があり比較的強めの効果を発揮するお薬です。めまい・ふらつき・頭痛・倦怠感などの軽い副作用はありますが、医師の指示を守っていれば、一般には重篤な副作用は滅多に起こりません。

 

ただし、妊娠中の服用は避け、どうしても必要な時は医師の指示に従って必要最小限だけ摂取するように定められています。ハルシオンの添付文書には、以下のような分が記載されています。

 

ハルシオン 0.125mg錠/ ハルシオン 0.25mg錠

 

”妊婦(3ヵ月以内)又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。”

 

”妊娠後期の婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。”

 

※参照サイト:http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1124007F1020_3_05/

 

文面からわかるように、医師が必要と判断したときのみ服用できます。服用しなかった場合と比較すると、奇形などを有する障害児を出産した例が多いことがわかっているからです。

 

ハルシオンの作用時間は非常に短いのですが、胎児に影響を及ばさない時間帯というものは存在しません。妊娠中、とくに赤ちゃんの身体が形成される妊娠初期から中期は催奇形性にもっとも留意しなくてはいけない時期なので、その影響を考慮する必要があります。

 

産後の授乳期は飲める?

ハルシオン 授乳期 妊娠

授乳期のハルシオンの摂取についても、やはり医師に相談し、慎重に行うべきです。成人が服用した場合にも非常にまれに精神症状や肝障害などの重篤な副作用が起こります。また長期間の服用で耐性や依存性ができる場合があります。

 

ハルシオンなどベンゾジアゼピン系催眠鎮静剤は、分子が小さく母乳へ移行する可能性があります。乳児への影響ははっきりとはわかっていませんが、体のずっと小さい赤ちゃんに摂取させるのは危険だと考えていいでしょう。服用して効果が続いている時に授乳するのは避けましょう。

 

妊娠中と同様に、こちらもハルシオンの添付文書に記載があります。

 

ハルシオン 0.125mg錠/ ハルシオン 0.25mg錠

 

”授乳婦への投与は避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合には授乳を避けさせること。”

 

※参照サイト:http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1124007F1020_3_05/

 

ハルシオンは作用時間がとても短く、約3時間後には薬の効果が半減するといわれていますが、これも個人差があり絶対ということはありません。授乳期の不眠や不安が深刻な場合は、自己判断で服用せず必ず医師に相談しましょう。

 

飲んだら赤ちゃんにどんな影響が?

ハルシオン 赤ちゃん 影響

ハルシオンを妊娠中に摂取した場合に、服用しなかった場合と比較して、口蓋裂や口唇裂などの奇形を有する障害児が生まる率が高くなっているというデータがあります。

 

ただ、まったく薬の投与がない場合でもこれらの奇形を有する障害児は一定の割合生まれてきます。

 

また摂取し続けていても、外見上の問題が全くなく生まれてきた子供も多いです。そのため、ハルシオンの服用が必ず障害児の出産につながるとはいえません。

 

つまり、服用すれば必ず障害児が生まれるというわけではなく(その発生率も低いのですが)、服用しなかった場合と比較するとリスクは明確に高まるということです。

『妊娠したから急に止める』のは難しい

ハルシオン 妊娠 断薬

ハルシオンは睡眠導入効果が高い薬ですから、寝つきの悪さで悩む人にとっては重宝する薬です。一方でハルシオン無しでは眠れなくなってしまう『依存性』を形成しやすい薬でもあります。

 

そのため、妊娠がわかったからといって今日からキッパリやめましょう!というのが難しい薬でもあります。場合によっては断薬により離脱症状を引き起こすこともあり、やむなく服用せざるを得なくなることがあります。これが『治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合』です。

 

子作りを計画されている方は、今からでも睡眠薬に頼らない寝付き方を体に慣らしておくのが赤ちゃんのためにも安全でしょう。就寝時間の前に、

 

・カフェインを含むものを控える

 

・ストレッチして血行を良くする

 

・リラックス効果のあるハーブティーを飲む

 

・人肌に温めたホットミルクを飲む

 

 

などが有効です。このほかリラックス効果のあるギャバ、クワンソウなどのエキスを凝縮したサプリメントで代用するのも効果的です。どの方法も副作用の心配はありませんので、できる範囲で取り入れてみてください。

 

妊娠中または妊娠を予定している場合は、ハルシオンの処方医、産婦人科医双方の意見を聞き方針を決めましょう。

 

>> ハルシオンの副作用と効果  TOP